顎関節症を治療は病院選びから


顎の痛みを伴う顎関節症になって、治療をする時どんな病院を選べばいいのでしょうか。
まず、病院に行く前に、日常生活の中で、どうしている時に痛いか、顎のどの辺りが痛いか、口はどのくらいまで開けることができるか、いつから痛いかを病院で問診の時に、すぐ答えれるようにしておきましょう。さて、病院選びですが、自分の症状をきちんと聞いてくれて、ドクターに正確に伝えてくれる病院にしましょう。
顎の痛みに関連して、症状を全体的に診てもらえる病院が、よいでしょう。そして、幅広い治療方法がある病院が、よいでしょう。例えば、歯の噛み合わせによる、顎の痛みの症状がある人なら、正しい噛み合わせを指導してくれたり、生活習慣から来る顎の痛みの症状がある人なら、どういう時に、痛くなるか問診し、痛くならないような生活習慣を指導してくれたりします。

症状によっては、マウスピースを装着して治療する場合もあるので、自分に合うマウスピースを作ってもらえるか、詳しい装着方法や、いつ装着すれば良いか、マウスピースのケアなど詳しく指導してくれる病院が良いでしょう。いずれにせよ、さまざまな治療方法に対応してくれる病院がよいでしょう。

This entry was posted in 顎関節症の治療について. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

他にもこんな関連記事があります