顎関節症の治療は手術が必要?

Pocket

顎関節症の治療は、手術が必要なのでしょうか。それは、顎関節症の程度にもよりますが、軽度の場合は、薬の投与や、生活習慣の改善、運動療法、マウスピースを装着していき、改善していくように経過をみていく訳ですが、それでも改善がみられない場合は、手術などが必要になってくる場合があります。軽度の場合は、ほとんどの人が、薬物投与や運動療法、マウスピース療法で改善していく人がほとんどなのですが、場合によっては、手術を必要とすることもあるというわけです。

しかし、手術といっても、まず、どの部位が痛みがあるかを確実に診る必要があるのです。歯からきている痛みなのか、顎からきている痛みなのか、もしくは、顎の周辺からの痛みなのかを診てもらう必要があるわけです。その時点で、違った視点から診て、別の治療方法を見出せるかもしれません。

そして、その際、手術が必要な痛みなのか、もう一度、他の治療方法で治療をしていくか専門のドクターとよく相談したほうがいいでしょう。

This entry was posted in 顎関節症の治療について. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

他にもこんな関連記事があります