顎関節症の症状とは

Pocket

顎関節症の症状とは、どんな症状がでるのでしょうか。

まず、初期症状として、顎に違和感を感じるようになります。そして、口を大きく開けるのが困難になってきます。口を開ける度に、カクカクと音が鳴るようになってきます。判断としては、食べ物を食べる時に、顎に痛みを感じるようになります。注意点は、口の開閉をする度に、痛みがある場合と口を閉じている場合の痛みとでは、病状が異なってきます。口の開閉の時の顎の痛みは顎関節症の疑いがありますが、口を閉じている時の痛みは、他の病気も考えられるので、病状の正しい判断は専門家の受診が必要になります。

その他の症状では、口を完全に閉めることが、できなかったり、口を閉めて、食べ物を噛んだ時に、噛み合わせに違和感を感じるなどです。顎関節症の症状は、顎だけではなく、体中のさまざまな部分に症状が現れるのです。例えば、頭が痛くなったり、首や肩が痛くなったり、肩こりが治りにくくなったりします。

その他には、歯の痛みや舌の痛みも症状として現れてきます。

This entry was posted in 顎関節症について. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

他にもこんな関連記事があります