顎関節症が頭痛の原因に?

Pocket

顎関節症が原因で頭痛になる人もいることはご存知でしたか。顎関節症は、顎の骨格の歪みからくるとも考えられています。なかでも、顎の噛み合わせが悪いことによって、顎から頭に違和感が伝わり、頭痛を引き起こすこともあります。

例えば、食べ物を食べる時に、顎を動かしますが、噛み合わせが悪いと、顎が痛くなり、そして、その振動が頭に伝わり、頭痛をもたらすのです。そして、外的原因の他に、内的の原因もあり、主にストレスなどの原因で、仕事などに集中している時に、無意識に歯を食いしばったりすることで、顎のゆがみが起き、食いしばることで、頭部に負担がいく場合もあるのです。

また、顎関節症が原因で、夜間、睡眠の時に、無意識に歯ぎしりをして、頭痛をもたらすこともあるのです。さらに、顎の骨格のずれから起こる姿勢の悪さや、姿勢の悪さから血行不良となり、脳に血が行きわたらなくなり、頭痛を引き起こすこともあるのです。

そのためには、顎関節症でゆがんだ骨格を、元の状態に戻すことで、ゆがみを改善し、頭痛も改善されていくのです。

ピックアップ

噛み合わせの悪い方はご相談ください | 新宿デンタルオフィス
噛み合わせの悪い方はご相談ください | 新宿デンタルオフィス
噛み合わせが悪い方に特におすすめなのが「新宿デンタルオフィス」です。噛み合わせが悪くなる原因は、日常生活に多く潜んでいます。新宿デンタルオフィスのホームページには、様々な原因や噛み合わせパターンも細かく記載されています。気になる方は、まずホームページをチェックしてみましょう。

This entry was posted in 顎関節症について. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

他にもこんな関連記事があります