悪い噛み合わせを矯正すると顎関節症も治るの?


顎関節症の原因で一番多いのは噛み合わせの悪さです。
噛み合わせが悪いままだと上下左右のバランスが崩れ、顎周りに負担が蓄積してしまうためです。

この顎周りの負担は蓄積しやすいだけではなく、顎関節症の悪化を招いてしまいます。
そのため、噛み合わせに不安を感じるようであれば、なるべく早めに治療に踏み切るべきです。

一番効果的なのは、専門クリニックで噛み合わせの矯正治療を受けることです。
矯正治療は噛み合わせを正しい状態に戻してくれるため、顎関節症の悪化を防ぐことに繋がります。

もし顎関節症が進行していなくても、少しでも兆候を感じた場合は矯正治療を考えてみましょう。
顎関節症は早い段階で治療した方が完治しやすいためです。
特に痛みや違和感などの症状が見られる場合は、専門クリニックで相談した方が良いでしょう。

顎関節症になってしまうとなかなか完治せずに慢性化しがちなので、なるべく早めに悪い噛み合わせを矯正しておきましょう。

This entry was posted in 顎関節症の治療について. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

他にもこんな関連記事があります