顎関節症は悪い噛み合わせの状態を把握しておこう!

Pocket

顎関節症の治療に臨む際には、噛み合わせの悪さの状態を把握しておきましょう。

まず、注意すべき点としては、歯の高さが合っているかどうか確認しておくべきです。
歯の高さがずれていると、どうしても噛み合わせも悪くなってしまうためです。
特に、虫歯で差し歯や詰め物をしている状態だと、歯のかみ合わせが狂ってしまいます。

治療が済んでしまった後では歯の高さを調整できなくなることがあるので、虫歯の治療が終わる前に噛み合わせの状態もしっかりと把握しておきましょう。

また、歯をきっちりと噛み合わせてみて、隙間が生じていないかどうか確かめてみてください。
生まれつき噛み合わせが悪い人だと、上下左右の噛み合わせに不自然さを感じる場合があります。
なかには、口の開けにくさが自覚症状として現れることもあり得ますので、口の開け閉めをしてみて噛み合わせを確かめることが大切です。

噛み合わせは顎関節症の治療の第一歩になるので、状態を把握しておきましょう。

This entry was posted in 顎関節症の治療について. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

他にもこんな関連記事があります