悪い噛み合わせを矯正すると顎関節症も治るの?

顎関節症の原因で一番多いのは噛み合わせの悪さです。
噛み合わせが悪いままだと上下左右のバランスが崩れ、顎周りに負担が蓄積してしまうためです。

この顎周りの負担は蓄積しやすいだけではなく、顎関節症の悪化を招いてしまいます。
そのため、噛み合わせに不安を感じるようであれば、なるべく早めに治療に踏み切るべきです。

一番効果的なのは、専門クリニックで噛み合わせの矯正治療を受けることです。
矯正治療は噛み合わせを正しい状態に戻してくれるため、顎関節症の悪化を防ぐことに繋がります。

もし顎関節症が進行していなくても、少しでも兆候を感じた場合は矯正治療を考えてみましょう。
顎関節症は早い段階で治療した方が完治しやすいためです。
特に痛みや違和感などの症状が見られる場合は、専門クリニックで相談した方が良いでしょう。

顎関節症になってしまうとなかなか完治せずに慢性化しがちなので、なるべく早めに悪い噛み合わせを矯正しておきましょう。

Posted in 顎関節症の治療について | 悪い噛み合わせを矯正すると顎関節症も治るの? はコメントを受け付けていません。

顎関節症が頭痛の原因に?

顎関節症が原因で頭痛になる人もいることはご存知でしたか。顎関節症は、顎の骨格の歪みからくるとも考えられています。なかでも、顎の噛み合わせが悪いことによって、顎から頭に違和感が伝わり、頭痛を引き起こすこともあります。

例えば、食べ物を食べる時に、顎を動かしますが、噛み合わせが悪いと、顎が痛くなり、そして、その振動が頭に伝わり、頭痛をもたらすのです。そして、外的原因の他に、内的の原因もあり、主にストレスなどの原因で、仕事などに集中している時に、無意識に歯を食いしばったりすることで、顎のゆがみが起き、食いしばることで、頭部に負担がいく場合もあるのです。

また、顎関節症が原因で、夜間、睡眠の時に、無意識に歯ぎしりをして、頭痛をもたらすこともあるのです。さらに、顎の骨格のずれから起こる姿勢の悪さや、姿勢の悪さから血行不良となり、脳に血が行きわたらなくなり、頭痛を引き起こすこともあるのです。

そのためには、顎関節症でゆがんだ骨格を、元の状態に戻すことで、ゆがみを改善し、頭痛も改善されていくのです。

ピックアップ

噛み合わせの悪い方はご相談ください | 新宿デンタルオフィス
噛み合わせの悪い方はご相談ください | 新宿デンタルオフィス
噛み合わせが悪い方に特におすすめなのが「新宿デンタルオフィス」です。噛み合わせが悪くなる原因は、日常生活に多く潜んでいます。新宿デンタルオフィスのホームページには、様々な原因や噛み合わせパターンも細かく記載されています。気になる方は、まずホームページをチェックしてみましょう。

Posted in 顎関節症について | 顎関節症が頭痛の原因に? はコメントを受け付けていません。

顎関節症の症状とは

顎関節症の症状とは、どんな症状がでるのでしょうか。

まず、初期症状として、顎に違和感を感じるようになります。そして、口を大きく開けるのが困難になってきます。口を開ける度に、カクカクと音が鳴るようになってきます。判断としては、食べ物を食べる時に、顎に痛みを感じるようになります。注意点は、口の開閉をする度に、痛みがある場合と口を閉じている場合の痛みとでは、病状が異なってきます。口の開閉の時の顎の痛みは顎関節症の疑いがありますが、口を閉じている時の痛みは、他の病気も考えられるので、病状の正しい判断は専門家の受診が必要になります。

その他の症状では、口を完全に閉めることが、できなかったり、口を閉めて、食べ物を噛んだ時に、噛み合わせに違和感を感じるなどです。顎関節症の症状は、顎だけではなく、体中のさまざまな部分に症状が現れるのです。例えば、頭が痛くなったり、首や肩が痛くなったり、肩こりが治りにくくなったりします。

その他には、歯の痛みや舌の痛みも症状として現れてきます。

Posted in 顎関節症について | 顎関節症の症状とは はコメントを受け付けていません。

顎関節症の治療は手術が必要?

顎関節症の治療は、手術が必要なのでしょうか。それは、顎関節症の程度にもよりますが、軽度の場合は、薬の投与や、生活習慣の改善、運動療法、マウスピースを装着していき、改善していくように経過をみていく訳ですが、それでも改善がみられない場合は、手術などが必要になってくる場合があります。軽度の場合は、ほとんどの人が、薬物投与や運動療法、マウスピース療法で改善していく人がほとんどなのですが、場合によっては、手術を必要とすることもあるというわけです。

しかし、手術といっても、まず、どの部位が痛みがあるかを確実に診る必要があるのです。歯からきている痛みなのか、顎からきている痛みなのか、もしくは、顎の周辺からの痛みなのかを診てもらう必要があるわけです。その時点で、違った視点から診て、別の治療方法を見出せるかもしれません。

そして、その際、手術が必要な痛みなのか、もう一度、他の治療方法で治療をしていくか専門のドクターとよく相談したほうがいいでしょう。

Posted in 顎関節症の治療について | 顎関節症の治療は手術が必要? はコメントを受け付けていません。

顎関節症を治療は病院選びから

顎の痛みを伴う顎関節症になって、治療をする時どんな病院を選べばいいのでしょうか。
まず、病院に行く前に、日常生活の中で、どうしている時に痛いか、顎のどの辺りが痛いか、口はどのくらいまで開けることができるか、いつから痛いかを病院で問診の時に、すぐ答えれるようにしておきましょう。さて、病院選びですが、自分の症状をきちんと聞いてくれて、ドクターに正確に伝えてくれる病院にしましょう。
顎の痛みに関連して、症状を全体的に診てもらえる病院が、よいでしょう。そして、幅広い治療方法がある病院が、よいでしょう。例えば、歯の噛み合わせによる、顎の痛みの症状がある人なら、正しい噛み合わせを指導してくれたり、生活習慣から来る顎の痛みの症状がある人なら、どういう時に、痛くなるか問診し、痛くならないような生活習慣を指導してくれたりします。

症状によっては、マウスピースを装着して治療する場合もあるので、自分に合うマウスピースを作ってもらえるか、詳しい装着方法や、いつ装着すれば良いか、マウスピースのケアなど詳しく指導してくれる病院が良いでしょう。いずれにせよ、さまざまな治療方法に対応してくれる病院がよいでしょう。

Posted in 顎関節症の治療について | 顎関節症を治療は病院選びから はコメントを受け付けていません。